山形
山形県の地域詳細情報
山形の名産と言えば『佐藤錦』に代表される「さくらんぼ」や「米沢牛」「ラ・フランス」「玉こんにゃく」と様々な特産品を生んでいます。 さらに、2010年の秋に新品種の米「つや姫」が発表され、ポストコシヒカリとも言われています。
見どころも多く、歴史を感じさせる木造多層な旅館が立ち並び、風情ある温泉地の「銀山温泉」や雪のシーズンは、スキーやスノーボードを楽しむ大勢の人で賑わい”蔵王の樹氷”が有名な「蔵王温泉スキー場」、ドラマ『おしん』の舞台ともなった酒田には「おしん記念館」があります。
またNHK大河ドラマ『天地人』の上杉謙信、直江兼次、伊達正宗のゆかりの地でもあり、江戸時代の俳聖・松尾芭蕉は「奥の細道」の全行程156日のほぼ三分の一にあたる43日間を山形県で過ごし『五月雨 をあつめてはやし 最上川』の句を詠みました。
蔵王、月山、鳥海、吾妻、飯豊、朝日と日本百名山に数えられる秀麗な山々に囲まれ、南から連なる米沢、山形、新庄の各盆地と庄内平野を「母なる川」、最上川が流れる、美しい自然に恵まれた地域です。
山形県の企業情報
山形県は製造業が盛んで、県内総生産の約20%を占めています。電子部品や回路などの独自技術を持つ中小企業が多数あり、世界最先端の技術開発も振興しています。
産学連携をはじめとする支援を行政が行うことで、多様な技術のさらなる発展を目指しています。
具体的には、有機エレクトロニクス関連技術やバイオテクノロジーについて企業や大学が共同での研究を行うなど、官民が一体となって問題に取り組んでいます。